ヨウ素と放射能について

ニュースでも、福島原発での大変な状況と飛散量についての
報道が続いていますね。。




検索でも増えてきている「ヨウ素」の情報。



ヨウ素は甲状腺ホルモンの構成要素でもともと体内に存在していて、
海藻類に多く含まれてます。




甲状腺は、要素を取り込み蓄積する性質があって、
放射性ヨウ素を吸い込んでしまい甲状腺に蓄積される前に(内部被ばく)、

ヨウ素剤を服用して安定ヨウ素を体内に取り入れることで
甲状腺を安定ヨウ素で飽和させておいて、放射性ヨウ素を甲状腺に
取り込ませないように予防することができるそうです。




ヨウ素剤の効果は、いつ服用するかが重要とのことで、
体内に長期間貯留することから被ばくの1日以上前〜被ばく後3時間くらいまでの

効果のデータが出ていました。


もちろん、より高い確率で有効なのは被ばくの後ではなく前です。



妊婦さんや、放射性物質の影響を受けやすい15歳以下の子供たちに
特に服用が勧められています。



チェルノブイリ原発事故の時に緊急投与を行ったポーランドでは、
子供たちに甲状腺がんが出なかったそうです。


ヨウ素アレルギーなどの体質の方もいるので、
必要な状況下においては必要量を専門家の指示のもとで服用が勧められています。




とはいっても、私の周りで小さなお子さんのいるご家庭などでは、
普段から少しでもできることをしておきたいというお声がたくさん
聞こえます。




何もしないより、何かしておきたいという気持ちからですよね・・・




外出時にマスクを着用させてあげることが第一、



食べ物からの摂取に関しては、
いろんな食の専門家の方が、いろいろな見解で情報を出しておられますが、



「服用の時期」や「必要摂取量」を考えると、

目に見えた効果は期待できないことは前提だとは思うのですが、
藻類の中でも昆布にはヨウ素含有量が多いようです。


予防の小さな一環として、子供たちの食卓に含めてみられるのも良いかもしれないですね。

(過剰摂取はNGです)



関東圏は、今夜は大規模停電になる可能性があるようです。
みなさま、お帰りの際などどうかお気を付け下さいね。



どんさんへ
コメント、いつもありがとうございます。
車椅子をお使いとのこと、今もご不便が続いているかもしれないですが、大丈夫でしょうか。

 
  • コメント(全3件)
  • どん 
    3/18 08:21

    ありがとうございます。

    大丈夫です。東北の方々に比べれば…って、あまりにも悲しすぎる現実で比べようがありませんが。
  • †damaki† 
    3/22 10:53

    こんにちわ。
    あの日から11日ぶりにGREEを開きました。
    私自身は元気ですが、津波・液状化で会社がやられ、復興作業に追われています。なおネエもお体ご自愛ください
    震続きますが気をつけましょうね

  • KATSUN 
    3/23 02:03

    服用は被爆直前が一番ということを聞きました。被爆するのがいつになるのかわかっていればということですが、そうはなって欲しくないですよね。東海村の事故の際には自治体で薬配られたようです。三 (/ ~0~)/

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)