『SING!』振り返り。

  • 椎名鯛造 公式ブログ/『SING!』振り返り。 画像1
  • 椎名鯛造 公式ブログ/『SING!』振り返り。 画像2
  • 椎名鯛造 公式ブログ/『SING!』振り返り。 画像3
こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

昨日『ウォルター・ミティにさよなら(再演)』の顔合わせと親睦会が行われました

知った顔知らない顔が半々くらいなので人見知りはあまりしなくてすみそうだなぁ。
とか思ったり。頑張るぞっ!

さてさて、今日は『SING!』の振り返りです。

この作品は今回主演の翔太に誘われての出演でした。
翔太が「一緒に芝居を作りたい」って思う人に声を掛けてくれたみたいで。

声を掛けてもらえて嬉しかったぞ♪

内容は超青春合唱コメディ。

俺の役は高校3年のサッカー部のエース大久保!!
合唱とは無縁の世界で青春を送ってたけど、突然の怪我でサッカーが出来なくなり…そんな時、乙貝に誘われた合唱部。
一度は反発し、投げやりになるも合唱部の皆の必死さや生き生きした姿を見て、再度輝ける場所を見つける大久保。
そして乙貝が集めた合唱とほぼ無縁だった合唱メンバーとコンクールの優勝を目指す!!

簡単に説明するとこんな感じなんです。

青春ですよ。青春!!

順風満帆にいってた高校生活。
部活でも一番活躍して可愛い後輩の彼女もいて。

そんな大久保が怪我をして、グランドで練習するサッカー部を見つめるシーンからこの舞台が始まるのです。

舞台のオープニングってすごい大事だと思うから大切に大切に作りました。

後はコメディなので、怒涛の流れになっていくんですけどね。

稽古の段階で皆には笑わせてもらいました。笑

でもラストは稽古でも本番でも自然と泣いてしまうような素敵なラスト。
仲間の大切さとか、愛とか、いっぱいいっぱい詰まってる素敵な舞台でした。

そして、本役以外にも出演してたシーンがあるんですよ♪

フルフェイスのメットを被ってヌンチャク持ってwww

この役楽しかったなぁ。

アクション稽古の時に基本皆鉄パイプ渡されて、俺も鉄パイプだろうな、と思ったら武器置き場にヌンチャクが見えて、気付いたら「俺コレでいいですか?」って聞いてた。

『忍たま』で相方がブンブン振り回してるからここぞとばかりに。笑

一番汗かいたシーンもあそこだな。

フルフェイスの中はサウナみたいでした。笑

稽古も本番も楽しくて仕方なかった。

大久保という人間に出会えて、演じられて最高に幸せでした。

また会えたらいいな。

では(^^)/~~~

最後の写メはおまけ。
非行少年。