柴山昌彦の更新

  • 今日の閣議は超盛り沢山でした。これより記者会見。
  • Law eyes education for foreigners - The Japan News https://t.co/2jymRAhd8C
  • 大事です。RT @kuma_sakurairo:「貧困家庭」と呼ばれる家庭で育つ児童が多く在籍する学校があります。その学校は学習よりもそれ以前の問題が山積しています。教科の中身を厚くし、教科等を増やす前に、一度その様な学校を直接見て欲しいと思います。児童たちの心に寄り添って欲し
  • 柴山昌彦大臣の全く違う文脈の発言を貼り付けたフェイク・ニュースです。RT @hahaguma:「柴山文科相に直接届けられた「2021年度大学入試における英語民間試験の利用は中止を」という声。」 大臣が「やらずに後悔よりやって反省」と。受験生はたまったものではない。
  • 手術しなければ命に関わる場合、万全の対策をとったうえで実施するでしょう。RT @kuzumochi1223: 例えば患者を手術するといったときに 「成功するかわからないけどやらずに後悔するよりやって反省!」 とか言ってやるのですか?
  • 感謝ですRT @Kamikawa_Yoko:#司法制度調査会 の提言書を # 柴山文科大臣 に手交。 #成年年齢の18歳引き下げ に必要な環境整備のうち, #消費者教育 と並んで #体験教育 や #キャリア教育 等の重要性に言及頂く…https://t.co/fMoWAbll6k
  • 今日も現場を視察。しっかり吟味のうえ実施に向けて準備します。RT @takagi_toshi: それは十分に吟味し、議論した上でのこと。きわめて説得力のある異論、反論に答えないまま、高校生、受験生の人生、そんなに簡単に、軽… https://t.co/ik83ENTls9
  • 人生100年時代だ。「天下りで悠々自適」などと考える方がおかしい。しかし、若い頃培った経験を真っ当に生かす道を、職務の公正性への信頼を確保しつつ発揮する機会は沢山ある。
  • ダイバーシティの確保と、組織の強みの維持・ロイヤリティの醸成はともするとトレードオフの関係になりがちだ。しなやかで透明な、しかし規律と意識の高いガバナンスを進めるべく、日々の努力を続けたい。
  • 公的な仕事の評価ややり甲斐の向上、働き方改革の推進、年功序列給から成果主義へのシフトなども大切。しかし他のキャリアを経ても有意義な経験であれば着実に昇進の道が開けるという、モビリティの高い人事制度の確立が大事だと思う(続)