カメさん

  • 柴田奈津子 公式ブログ/カメさん 画像1
  • 柴田奈津子 公式ブログ/カメさん 画像2
  • 柴田奈津子 公式ブログ/カメさん 画像3
ブログを始めてから沢山の方々に見て頂いて、色んなコメントを頂いて、本当に嬉しく思います☆

中には猫ちゃん好きの方もいらっしゃるようで、我が家の珍妙な猫達についても触れて頂き、奴らにも御礼を言わせなければなりませんm(__)m

さて、我が家にはもう一人家族がおります。影が薄すぎて私でさえも忘れそうになりますが無理もありません。現在冬眠しているのだから…。

『ミシシッピーアカミミガメ』のカメさん。

彼女は(メスである事も最近判明)最初小さな小さなミドリガメでした。

当時高校を卒業し、就職したての18歳の私は、癒しを求めジャンガリアンハムスターの子供を買いに行きました。小さくてチョコチョコと歩き、ふんわりハムちゃんの可愛さといったら言葉に出来ません(>▽<)

しかし、私はハムちゃんのゲージの隣にいる小さくて微動だにせず、冷たい石の上にじっと佇む彼女になぜか愛着が湧いてしまい、500円という安さだったので一緒に購入。ちなみにハムちゃん1000円。

可愛いハムちゃん☆教えてもいないのに自分でご飯を食べ、おトイレも上手、小さな手で器用にティッシュをほぐしてお部屋まで作ってしまった!なんて賢い!

一方カメさん。アゴの力がまだ弱く、カメ用のご飯が固くて食べられないのでお水でふやかし、爪楊枝で半分に割って一口ずつ食べさせなければならない。そしてウンチですぐ水が濁る。日光浴をさせる為水槽を移動させたり手間のかかる事!しかも日に日にでかくなってきている…

図鑑を見た所、最大30センチになる?マジで?今の水槽よりでかくなるの?最後には『大きくなって育てるのが面倒になり、捨てる人が多いので軽い気持ちで飼わないで下さい』とありました。図書館で一人、軽い気持ちで買った私が立ち尽くしていました。

2年経ったある日、ハムちゃんが動かなくなりました。なぜ!死んだ!?まさか。栄養バランスも運動も一生懸命調べ、考え、育てて来たのよ?数日間様子を見ていましたが変な匂いがしてきたので病院に問合せた所、亡くなってました(T_T)先生、気まずそうな声…申し訳ないです(´Д`)ハムちゃんを泣く泣く埋め、残ったカメさんを一生懸命育て現在に至ります。

軽い気持ちで買ったカメさんとはもう10年の付き合い。甲羅ももう私の足のサイズ程あります。今も手でご飯をあげ、脱皮の手伝いをしたり、時にはお布団に入ってきて一緒に寝たりします☆猫達ともなぜか仲良しなんです(@_@)

ミシシッピーアカミミガメは外来種で、とても強く、捨てると日本のカメさん達の卵や子供を食べてしまうそうで悲しいけど問題になってしまっています(:_;)皆さんもカメさんを飼う時はまず図鑑を見て下さいね!

カメさんの紹介でした☆

おや?今はお布団に珍妙達が…そっと優しく容赦なくどけて寝ます(v_v)