昨夜の食事会

  • 芹沢直樹 公式ブログ/昨夜の食事会 画像1
  • 芹沢直樹 公式ブログ/昨夜の食事会 画像2
  • 芹沢直樹 公式ブログ/昨夜の食事会 画像3
昨夜は東京・日暮里駅近くの谷中銀座商店街前にある「もんじゃ焼き屋」に行って来ました。

ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんおススメな店で、結構有名らしい。
寺門さん監修の講談社の漫画「ネイチャージモン」の中で紹介。
集英社の編集さんがその漫画見て、2年ぐらい前に行ったらはまったという。

完全予約制の店で、集英社の編集さんがかなり前から予約。
5名さまから予約可のなかなかクセのある店でした。
6名で行ってきました。
集英社の編集さん以外に、スクエアエニックスの編集さんと大手印刷会社の主任さんもいらっしゃいました。

もんじゃ焼きか〜久しぶりだな〜思って行ったら、何ココ!?
店!?
普通に、誰かの家みたいな・・・・。

1枚目の写真は店の外観です。

こんなん、店と知らなかったら、気づかず通り過ぎてるわ〜

と、最初からビックリな展開。

看板も大きく書かれてなく、入り口のドアの窓に「大木屋」と書かれた小さいシール



店内はこじんまりとしてて25〜28人くらいまでギュウギュウにすれば座れる感じに鉄板のテーブルと椅子が配置。

かなりキツキツでした


メニュー表はなく、決まったコースの料理のみ。
最初はカツオの叩き。
店には取り分ける小皿はなく、直箸で食べる。

モリモリ…美味い!

そして次はお肉が出てきました。
二枚目の画像です。

ドカーーン


何これ!!
デカ!
厚!!

これ、どうやって焼いて食べるんじゃ〜〜

店の人は、とりあえずお肉は無視してスライスされたニンニク炒めといてと。

編集さんがせっせとずっと炒めてました。
このお肉1枚で全員分です。

さすがに一人ぶんではありません

メインは「もんじゃ」なので、あくまで前菜のようなもの。

切り分けて食べるわけですが、どんな感じかは秘密で。
気になる方は「大木屋」さんへ!
足を運んで確認ください


次に出てきたのは「ホタテ」。
季節によって牡蠣だったりメニューは変わるようです。
これもビックサイズで、量も多い。
食べ応えあって美味でした


そして次はビッグなメンチカツと山盛りなキャベツの千切り。
これも皆で1つのメンチを切り分けて食べます。
キャベツは鉄板いっぱいに敷き詰められてました


編集さんが言うには、いままで食べてきたメンチのイメージを覆すほど美味いという・・・。
たしかに、肉汁が凄くて美味かったです。
しかし、こんなでかくて分厚いメンチ、よく火が中心まで通ったな〜。
と、そっちの方が気になりました(笑)

すでに、もうお腹も満たされてきたぞ・・・


そんな満腹感が来た頃、ついにメインの「もんじゃ」が登場


どでーん


これまた凄い量!!

でっかいステンレスのボールいっぱいに「もんじゃ」の具が!!

これで3人前!?
知らずに人数分頼んでたら、えらいことになってたぞ・・・

3枚目の画像が鉄板に敷き詰められた「もんじゃ」の模様。
全部乗り切らず、これで約半分・・・


全部食べ切れるのか〜〜思ってたら、意外と食べれました


久々に食べたな〜。
美味い!

だいたい2時間くらいで一通りメニューがでる感じです。

飲み物は、ウーロン茶などのソフトドリンク以外、アルコールはキリンの瓶ビールのみ!
飲み物は厨房前の冷蔵庫から、飲みたいものを勝手に持っていく、セルフサービス。
ずっとビール飲んでました・・・


いや〜、前日から朝まで仕事して
あまり寝て無いのですぐに酔います・・・。
しかも眠い


でも、お酒飲むと眠気がどんどんなくなるタイプなので、結局は新宿へ行って夜中まで呑んじゃいました


お値段は、5人で合わせてコース15000円。
ひとり三千円くらいです。
ドリンクは別料金。

という、久々に充実した呑みの席でありました。