artに触れて。

  • 芹澤みづき 公式ブログ/artに触れて。 画像1
  • 芹澤みづき 公式ブログ/artに触れて。 画像2
知り合いの画廊さんに誘っていただき、国際フォーラムで行われた「アートフェア東京2012」に行って参りました。






たくさんの貴重な絵画や斬新なアートに囲まれて






脳がビリビリするほど刺激を受けました。









画家の方達が見ている「世界」って、きっと私たちが見ているそれより、すごく細かくてすごく深いんだろうな。




同じ景色を見ても、その中に「私たちには見えないものを見通す力」があるのでしょうね。






「見えてしまう」
「わかってしまう」






それはきっと、とても苦しいことなのでしょうが、





何物にも代え難い、素晴らしい力なのだなぁと、作品を観ていて思いました。











今回特に印象深かったのは、清水龍鳳さんのこの作品。





モデルは作者の三女。





彼女は2万人に1人という難病を抱えながらも、まわりのたくさんの愛に支えられながら、今を懸命に生きているそうです。





この穏やかな顔から伝わる「愛」に、息をのみました。





本当に、心を揺さぶられる作品でした。













アートフェア東京は、毎年開催されています。




家族や友人と行っても十分楽しめますが、とくにクリエイティブ系のお仕事をされてる方、必見ですよ(^^)