水を飲むのは根性なし? 2


記事が変なことになっており、更新しました。

どうもすいません!




******************************


ども!

SSK46 (のお う 46歳)です。

来年は SSK47 に自然と改名することになります。

出世魚ならぬ出世名ですな。



この SSK46 ってなんか気にいっちゃってるので、しばらく押してみようかと思っています。


佐々木スポーツさん(SSK)は全く関係ないのでグローブとかバットとかを連想しないで下さい。






さて。

嫌味なほどに晴れています。

窓を開けて布団を干し、軽く掃除機をかけただけで滝のような妹尾汁が噴出してまいりました。

しかもこれから野球です。

どうなってしまうんだろう・・・




干物みたいになりそうな、そんな予感。

水分だけじゃなくて塩分もね!って皆さんに心配してもらってます。

あざっす!



でも大丈夫。

昔からね、ちゃんと自分の腕とかをペロペロなめて調整してるから。





そういえば。

筒井さんの所でも読ませてもらいましたが、そうなんですよ。

昔?って。

スポーツしている時に水分を摂っちゃいけないって言われていました。

何か根拠があったのかどうかは知りませんが、多分根性論だったのではないかと。



「飲んだらよけいにのどが渇いて辛くなる!」


「飲んだらバテる!」


「ガマンしろ!」


この辺は耳タコでした。





強烈な思い出が二つあります。




中学生の時、(そのころチビだったけど)バスケットボール部におりまして。

夏休みに学校で練習をしておりました。

朝から夕方まで、そらもう大変なしんどさです。

ときどき休憩があるのですが、そのときも絶対に水を飲んではいけません。

強い学校でしたのでそれなりに練習もハードです。

体中から水分を絞り出す練習を毎日やっていました。




そのときも・・・下級生だった私は同い年のヤツ数人と体育館の隅っこの方、日の当たらないところで休んでおりました。

絶望感にも似た、砂漠を旅する人の気持ちが分かるような・・ウソ、そんな余裕はなくて、とにかく口をぱくぱくさせて今にも昇天しそうな金魚状態です。

体育館の壁の下の方に連なっている小さな小窓。

外を覗き込み、そこから入ってくるこれまた小さな風を探しているような感じです。


そのとき、男女一人ずつ、学生服を着た生徒が歩いてきました。

夏休み中なのでちょっと珍しい。

何の用事できたのかは知りませんが、とにかく歩いてきました。

2人が手に持っているのは、モップ、バケツ、ほうき。

明らかにどこかの掃除をしてきた(しに行く)風体です。

バケツには雑巾が数枚ぶら下がっています。


思わず声をかけました。

小窓についているオリを隔ててへんてこりんな会話です。


「そのバケツ、水・・入ってる?」


「え?うん。 でも今捨てに行くところ。だってほら!」

・・・

真っ黒。

雑巾を絞って出てきたドロドロの水。




「ぜんぜん構わんから。その水をたっぷり雑巾にしみ込ませて!」


「はぁ? う、うん・・。」



で、手渡してもらった雑巾を口に含んでじゅるじゅる回し飲みした・・・という思い出。

はっきりと味を覚えているし、背徳感、罪悪感、それよりもマズいのに美味しい水の味。

あまりにも情けない青春の味。

ちょっと今書きながら気持ち悪くなってきましたが。






もうひとつは。

メタルダーの撮影時。

ロケをしておりました。

現、フジテレビのあるお台場公園、その近くだったと思います。

真夏で、そのころもやはり水分を摂ることはタブーだと言われておりました。

ガマンしてガマンして・・・




当時の衣装ですが、上下ともにビニール的な材質で作られていて、しかもかなりごっつくて。

汗はいっさい通しません。

袖口やズボンの裾から中の汗がボタボタボタ・・・って流れ落ちてくる、そんな衣装

めちゃくちゃ暑いんです、否、熱いんです。

日に当たっていると表面が加熱されて、スタッフさんが何気なく手で触ると、


「あつっ!」


って声が出る。

そのくらい。



で、その撮影を淡々とこなしていたのですが、突然、首の後ろから背中にかけて悪寒が走りました。

今日のような真夏の炎天下なのに。


「あれれ?なーんかヘン・・。」


って思っていると、体中にサブイボが出来る感じ。

鳥肌ね。

そしたら、ゾクゾクゾクーって来て、目の前が涙でにじんできて・・・

座り込んじゃった。

スタッフさんが、おいおいどした?って駆け寄ってきてくれたらもうダメ。

何か寝ころんじゃって。

いわゆる倒れ込んじゃった・・・のかな?

遠くにスタッフさんの声がいっぱい聞こえて、でもなんかよく見えなくて。



そしたら急にお腹がズンと重くなった。

分かる。

で、ちゃんと外界と頭の意識がリンクし直されて。

チューニングが合った感じ。




腹の上に子供が乗ってやんの。

きゃっきゃ言ってる。

その横で母親らしき人が、


「○○ちゃん、よかったねー、メタルダーのお兄さんよー! 抱っこ抱っこ!」


・・・


違う、ぜんぜん違うわ!


先日登場した日比野さんらが、ちょっと語気を強めて、



「見て分かりませんか? 具合が悪くて倒れているんですよ! 何をしてるんですか!」



なんて。

私、何も言わずにじっとしてるだけ。

じっとしかできないんだけど。



撮影をね、見ていた人が、今がチャンス!とばかりにやってきたのね。






ま、これも面白い思い出ですが。




それで、


「確かにこの衣装じゃちときついだろうよ。 また倒れるかもしれないぞ。」


ってスタッフさんが言ってくれたらしく、夏バージョンの薄い素材で溺対象が急遽作られた、と。

そんなね、話があったんですよ。

SSK22 のころ。









「水を飲んじゃダメー!」


って聞くと、この二つのことを思い出します。

これ以上水関係の思い出を作らないようにしなければ、ね!




皆様も十分に気をつけて下さい!







 
  • コメント(全6件)
  • 凛 ♪〜州´・ω・`)人(´・ω▼)〜♪ 
    8/7 22:30


    休んでて、それからどうなったのですか

    何か凄く気になりま


  • 凛 ♪〜州´・ω・`)人(´・ω▼)〜♪ 
    8/7 23:02


    更新有り難うございます

    あわわ

    あの続きは、まさかの雑巾の絞り汁飲んだ話だったのですね

    あとメタルダーの撮影時もそんな大変な思いをしていたなんて

    何時もテレビで楽しませて頂いてましたが画面の向こうの妹尾サマは爽やかに演技されてたので、まさかの苦労話に驚きでし

    本当、色々お疲れ様でした

    余談ですがメタルダー放映時に頂いた大変丁寧なファンレターのお返事嬉しかったです


    水分は一気に摂取は良くないけど、こまめに少しずつは体にもベストですよね

    暑い日が続きますが今後も熱中症にならない様に水分補給されてください

  • おもちゃ屋だった烈 
    8/8 00:02

    『水分を採ってはならない』には、根性論の他に『水を飲んですぐ運動すると、横腹が痛くなる時がある』と言うのもあった気がします。
  • 道を迷えば道を憶える 
    8/8 05:37

    なるほど、身長が186僂あるのはバスケをやってたからなんですな。
    自分は剣道をしてましたがインターバルの時間に面金の間にストローを通して水分を摂るようにしてます。一日に昇段試験があって練習してるのが午後だと、とんでもない汗が流れます。
  • がぼち(インコ好き♪) 
    8/8 17:30

    いつもの妹尾さんだ
    ょっと前の文章で何かあったのかと…


    私はバレー部でしたが、夏休みの練習時は結構水やらレモン水飲んでまし
    根性無いし、多分我慢出来ないか

  • 毎日がコハル日和 
    3/22 23:18

    かなり前の日記にコメしちゃいますが…

    私も小学生時代にミニバスケットをしていたときに、休憩時間に「水飲むなよ!」と言われました
    理由は疲れるからだそうで

    でもあの頃はスポ根もの的なやり方がふつうでしたが、現代では体調を悪くするどころか逆に骨や筋肉を痛めたり、科学的根拠が無いと言われたりして…

    改めてあの頃の苦労は何だったのでせうか?って思ったりします

    ところで妹尾さんとこは地震大丈夫でしたか?

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)