学生向けエニアグラム研修

この2日間、15名程の学生を迎えてのエニアグラム研修を行ないました。

就職活動を控えた学生さん達に、エニアグラムを通した
自己分析のサポート。

自分を変化させる気づきを得る貴重な時間です。

なかなか、自分の性格タイプが特定できない。

複数のタイプにあてはまる、といった人もありました。

エニアグラムの本質は、自己探求することにあります。そのためのツールなので、急いでタイプ特定する必要もありません。

自分の体験を深く味わって、自分の心の動きを見つめ直し、何が自分を動かすドライバーになっているのかを見ていくことが大事。

エニアグラムの魅力は何といっても、自己理解−他者理解を通じた
良好なコミュニケーションの構築にあります。

自己理解が進んでいくと、つまり自分とのコミュニケーションが深まっていくと、やがて自己受容が起こります。

自分がわかると、自分の嫌な面についての理由がわかり、受け入れられるのです。そこに自己変化の下地ができあがります。

そして、自分の理解を深くできた分だけ、他者理解もできます。

自分という複雑で奥深い存在と同じように、他者も複雑で奥深さがあり、一つ一つの言動にその人なりの動機が存在することが、心から理解できます。

すると、それは他者受容へとつながっていきます。

つまり、他者の言動に対して「あの行動はあり得ない」という認識から「あの行動は理解できる。彼としては当たり前の行動だな」、という認識に変化します。

他人とのコミュニケーションに対して、反応的ではなく、本質を理解したコミュニケーションが可能になり、円滑さが生まれてくるのです。

是非、そういった活用でエニアグラムが広まっていくといいなぁ、と改めて思いました。