CD 4

最後に紹介するのは Amerie の『 In Love & War 』。



コレもアートワークが素敵でした


ファッション誌の感じとも違うし、絵画ともまた違うし...ん〜、なんて言うんだろ


 『ヨーロッパの耽美な世界』


こんな感じかなぁ...上手く言えないけど。独特の雰囲気があるアートワークで好きだなぁ


全体的に歌に勢いがあって素晴らしいですねッ


1曲目から Teddy Riley ですよ〜!いきなり必殺ワザ
喰らっちゃう、っていうね


Teddy 先生カッコ良過ぎですからッ。Lady Gaga でもスゲー仕事を披露してくれましたけど、ココにも健在!

こうやって昔のスーパープロデューサーがまだまだ頑張ってるのを見る(聴く)とホント嬉しくなるよなぁ


Jam & Lewis は最近もっぱら御無沙汰ですけど、たまに仕事してると思ったらスローだったりで...やっぱりアッパーな作品で僕の事壊して欲しいなぁ...

そうそう、Jam & Lewis って言えば、彼等が手掛けたグループに Mint Condition っていうバンドがいるのね。その M.C の名曲『 Breakin' My Heart (Pretty Brown Eyes) 』をサンプリングしてるのが『 Pretty Brown 』という曲。

イントロが鳴った瞬間「おッ
」ってビックリしたw

いや、かなりイイっすよ。しかも Trey Songz との共演。コレも Jam & Lewis 繋がりじゃん!ってか、次は Amerie さん、Jam & Lewis に手掛けてもらいたいなぁ。

4曲目の『 Higher 』は意外や意外、 Warryn Campbell 作でビックリした


こんなカッコイイ Funky-Tune やるなんて

彼は美メロなイメージが強いからね。ファンクだ!ファンクだ!ファンキーだぁぁぁぁぁぁッ


こういうオケに Diggy と Hi が乗っかったらスゲーカッチョイイの出来ると思うな


よし、そのうちやらせようッwww ウンッ。