CD 3

はい、みんな大好き Lady Gaga 。



『 The Fame Monster 』

カ〜ックイーッ



...凄ぇな。なんだコレ。

何と言っても Beyoncé との 『 Telephone 』ですかね。

もうね、Rodney Jerkins 凄過ぎ!ヤバイでしょ?

Janet の新曲『 Make Me 』も彼が手掛けてるしさ、また彼の時代が来たね!間違いないですよ。今回の『 Telephone 』もカッコ良くて悶え死にしそう...


更に、 Beyoncéと対等に(イヤ、それ以上に)渡り合ってる 主人公の Gaga 。全然ひけをとってないのが凄まじい...このカッコ良さ、恐ろしいですな


アルバムとしては前作の延長上なエレクトロ感いっぱいで「現代」っぽくて最高です。うん、前作より好みだな。

もう全曲シングルで行けるよ、って位カッコ良くトガッたサウンドと歌いこなしで堪りません


そんなアッパー感満載の中、4曲目の『 Speechless 』。



...泣きました



彼女が好きなビートルズまんまな曲なんだけど、対訳読むと感動するよ



忘れちゃいけないのが、大トリを飾る『巨匠 Teddy Riley 』作品!巧みのワザだなぁ〜


このファンクネス!さ・す・が!

こういう4つ打ちファンク、大好きです。

MJ の『 2,000 Watts 』とかね。

腰砕け



それからアートワークが素晴らし過ぎる!Dior Homme のデザイナーが手掛けた写真らしいんだけど、コレまたヤバイですよ〜
Bjork っぽさも感じたり。ファッション誌の表紙みたいでカ〜ックイー
(裏ジャケ怖過ぎだけど...)



2 B Continued