先入観

日頃のイメージや信用というのは大事・・・というか重要ですね。


たとえば
普段プラスのイメージが強い人とマイナスのイメージが強い人がいて、同じことをしても解釈のされ方が違います。


それは常日頃からの言動などで本人が作ってきたイメージの問題が大きいので
プラスのイメージの人は努力をし続け、マイナスのイメージの強い人は努力を怠ってきたということなので
仕方がないのかもしれません。


稀かもしれませんが、プラスさんがマイナスさんに対して(儲け話でも何でもいいけど)魔の誘いをしたとして、マイナスさんがそれに乗っかってしまったとして
更にそれが周囲に発覚してしまった場合・・・


周りは、世間は、マイナスさんからけしかけた話にプラスさんが乗ってしまったというイメージを先ずするでしょう。


これが【先入観】ていうのかな。


暇だったので(笑)私は自分に置き換えて考えてみました。


私は普段から上手く立ち回れないというか、人への対応が下手で、そのスキルを向上させる努力もこれまで特にしてきませんでした。


ネガティブかもしれませんが、対応が上手かったり常日頃から努力している人と比べたら
私は周りの評価的にはマイナスさんに属するのかな・・・と。




人から本当の信用を得るのは意外と時間がかかります。


一度失った信用を取り戻すのは本当に時間がかかります。


ひとつひとつの信用のかけらを積み上げていくには
たとえ目の前に餌があっても、間違ってると思うことには手を出さないこと。


そして、信用のかけらを形にして、良い意味での先入観を持ってもらえるようになりたいな。

「先入観」て言葉自体が良い意味のイメージがないけれど☆


とりとめのない日記になっちゃったね。


ごめんね。