☆ポンチDE デート☆

  • 笹田道子 公式ブログ/☆ポンチDE デート☆ 画像1
おぉ〜。
たまにはこげなムーデーな雰囲気もよかね(^^)

デザートだぁって、だって、だってー♪

ほれほれ、なんだかオブジェみたくなって出てくるしぃ。

こんなところで愛囁かれたら
ささぼんさん、完全にウカレポンチになってしまいそげーーー(^O^)





て………。

お化粧室にて。

愛も囁かれていないのに
こないだのご飯粒つけたおじさまバリに
口の周りにクリームをつけてたウカレポンチのささぼんさん発見。





いやん、ばかぁん。

「あ、口にクリームついとうよ」って
ゆうてよ、ゆうてよぉ。

そして、できうることならば、
「もうおっちょこちょいなんだから」なんて
手で拭いてもらったりなんかしちゃったりすると
キュンキュンしちゃふね、いなせだね。





でも確かに、相手によっては言えないこともありをりはべりいまそかり。






では思い出してみやう。

今宵のテーマは、
『あのとき私はこう言いたかったー!』(^O^)





★OL時代、鬼の形相でお説教中の上司の唇に、仁丹が1粒。
声を荒らげるたびに、キラキラ美しく輝いていた。



あのとき私はこう言いたかった……

「あら、部長、唇にピアスあけたんですか?」





★「俺は周りのみんなが笑っていてくれれば、それだけで幸せさ」
的なかっこいいセリフをクールに言い放っている殿方。



あのとき私はこう言いたかった……

「キザに決めたその表情とセリフ、
鼻毛ソヨソヨさせながら言うのも、
周りのみんなに笑っていてもらうための計算ですか??」





★とにかく仕事やマナーに厳しいお方。
「プロとしての自覚が足りない」「失礼な態度だ」と会う人会う人バッサバッサ斬ってゆく。
その方と顔を合わせること1週間。
自分が犯した初歩的ミスにとうとう気がつかなかったやうだ。



あのとき私・笹田道子はこう言いたかった……

「私の名前はサキタじゃありませんからーーっ!!」





ゲバゲバ。