2.25 その2

  • 桜井聖良 公式ブログ/2.25 その2 画像1
  • 桜井聖良 公式ブログ/2.25 その2 画像2
  • 桜井聖良 公式ブログ/2.25 その2 画像3
そして次はこちら!
ちょっと離れた馬房。
通常の馬房と違って、
目の前を人や馬が頻繁に行きかうことが少ないので、
できるだけ静かな環境でリラックスさせる意味合いが強いそうです。
神経質なお馬さんはこちらの馬房に入れるそうですよ
次は日本でもおなじみな、
ウォーキングマシーン。

(ちなみに私はリアルメリーゴーランドと呼んでいます(笑))

『朝は調教を終えて、馬体を洗い終えた馬を入れています。
入れて歩かせる時間も短めなので、運動というよりも、
体を乾かす意味の方が強いですね。
それから、いわゆるスクミがちな馬の場合は装鞍する前に、
入れて歩かせて体をほぐすために使ったりします。
後はレース翌日だったり、
あるいは何らかの理由で調教できない馬だったり、
放牧に出ることが決まっていて退厩する馬を入れたりしますよ』


ふむふむ( ・(ェ)・)


さてここで、
こっそりダーレー流な調整の仕方を教えていただきましたよ!
『午後は、運動目的で30分はどの馬も、
ウォーキングマシーン入れて歩かせてあげます。
ただし、レースが近い馬、あるいはレース直後の馬は、
厩舎の外に出して人間による曳き運動をさせたりします。
夏場はプールに連れて行って、
泳がせてから(ダーレーは基本プール1周のみ)、
厩舎に返ってマシンに入れて歩かせる、
あるいは曳き運動をする、というパターンが午後にはあります。

ダーレーの場合は、
プールで泳がせるのは暑い時期しかしていませんが、
厩舎によっては季節に関係なく泳がせたりもしますね』

『あともう一点。
朝、調教を終えて帰ってきて、鞍を外した後に砂場にいれて、
砂浴びさせます。
午後も、マシーンで歩き終えた後、砂浴びさせます。
ちなみに、外に出して曳き運動の場合は、
(曳き運動→芝部分に連れて行って草を食べさせる(10〜20分)→砂浴び)の順番です。』

なかなか聞けない、
厩舎内での工夫まで教えていただけて、
とても貴重な体験となりました!


さてここでお知らせです!!!

明日26日土曜日にメルボルンの、
コーフィールド競馬場にて行われます、
2歳馬限定のG1「ブルーダイヤモンドステークス」に、
ダーレー厩舎の最有力馬、Sepoyが出走します。
そのSepoyについてのお話は、
スポニチ携帯サイト「スポニチ競馬」内のコーナー、
桜井聖良の競馬ファンタジーにて掲載されていますので、
ぜひチェックしてみてくださいね
http://spokei.jp/
Sepoyと中村さんの写真↓

お知らせその2!!!

オーストラリアのスプリント女王である、
ブラックキャビアについてのレポートが、
スポニチWebサイト「スポニチアネックス」にて、
掲載されています

http://www.sponichi.co.jp/gamble/n...

噂では聞いていたものの、
想像以上の強さでびっくり!!!ブラックキャビアとは?
ぜひこちらもチェックしてみてくださいね
そしてそしてお知らせその3!!!

リアルライブさんにて、
桜井聖良のオーストラリア日記が掲載されています
私がどんな風に過ごしているのかを、
今後も日記のような雰囲気でレポートを書かせていただきます。
http://npn.co.jp/article/detail/13...
こちらもぜひぜひチェックしてくださいね

以上、桜井聖良からでした!!