◇これが民進党


 各党に呼び掛けて、新党結成に向かうことになった。しかし、両議員総会で承認され、全国幹事会でも了承されたにも関わらず、自分の考え方と違うと言って、意見を述べておられる議員がいらっしゃる。
 
党が決定したことに関しても、自分の意見と違っているとマスコミに向かって発信する。だから、民進党はバラバラだと言われ、ガバナンスがなっていないと言われる。今回も同じことの繰り返しで、だから支持率が上がらないことを認識するべきだ。

 今回の合流は、元の仲間と一緒に政治活動を行っていこうというだけの話である。それに対して、何故反対するのかわからない。さらに言えば、そういった方は先に立憲民主党と合流するべきだと言われるが、その理由は何だろうか。議論を聞いていると、主義主張より、支持率の高さが影響しているだけとしか思えない。

 新たな枠組みを作って再出発することになった。決まったことなのだから、気持ちよく前に進めて行きたいと思う。



参議院議員・医師 桜井 充



【秘書のつぶやき】
桜井充秘書庄子です。
文書の偽造、隠蔽が次々と明らかになっています。あまり話には上りませんが、加計学園の獣医学部を巡っても、国会戦略特区WGの議事要旨において発言の書き換えが行われ、首相官邸への入館記録は保存されておらず・・・と、疑惑はいまだ深く根を張っています。
ところで皆さま、インターネット審議中継はご覧になったことがおありでしょうか。衆・参議院のホームページ上では、リアルタイムでの審議中継だけではなく、一定期間の審議のアーカイブがご覧いただけます。掲載期間を過ぎたものは広報課で保管され、求めに応じてダビングが行われておりますが、公的な記録がこれだけ注目を集めているこの機会に、掲載期間の延長等が議論されてもよいように思います。
議事録においては発言の削除や語彙の訂正が行われることもあり、生の発言や議会の様子を誰もが確認できる環境作りは、議事録の信頼性をより確かなものとするためにも意味のあることではないでしょうか。(庄子真央)

 
  • コメント(全2件)
  • ジプシー 
    4/6 02:53

    >桜井さん

     「主義主張より、支持率の高さが影響しているだけ・・・」と言うが、希望の党へ行った人たちもまた「民進党の支持率」を問題視した結果であり、再び合流を考えているのも「(希望の党の)支持率低迷」が理由なのだから、どっちもどっちでしょう。本当に「政策で一致」しているのなら、民進党を離党し、希望の党へ行く必要などなかったはず、ですよね

     元財務官僚の玉木氏と、元日銀職員の大塚氏・・・言わば「金融合併」と言うことですね。
  • ジプシー 
    4/6 03:23

    >庄子さん

     管内閣当時、官邸に「それなりの人」が出入りしていましたが、入管記録を提出することはなかったはず。前原氏にしても、大臣室にオモニを招き入れたわけだけれども、ネットに写真がアップされなければ、国民は知ることができなかった。自分達が身綺麗だったならまだしも、似たようなものなんだから、現政権だけを叩くのは如何なものか

     ネット映像ですが、はっきり言って野党の口汚さ、知識のなさが目立つだけで、皆さんにとって有益なものではないような・・・

     例えば岡田克也氏が、尖閣での海保警備について「我々が政権担当していた時は、不測の事態が起きないよう、十分な距離を取るよう海保に指示していた」と発言し、総理から「政府(海保)の責務は領土保全である」と反論された画像(動画)があったけど、そんなのが広く国民に知られることが、民進党にとって良いことなのか

     民主党政権時、自民党の西田議員に詰問され、管総理や蓮舫大臣の目が泳いだシーンなど、未来永劫、残しておきたいと、あなたは本当に思うのですか
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)