◇北見市に行ってみたい


今日の東京は前日までと打って変わって、本当に暖かい。春を予感させるような天気である。強風が吹いてくれたおかげで、空も綺麗で、高台に行けば、富士山が見えると思えるような青空である。日頃の東京の空が如何に汚いかが良く分かる。

平昌オリンピックが閉幕した。様々なドラマが生まれ、私を含めて多くの国民の皆さんが感動し、涙したと思う。

帰国後、カーリングの選手が「小さいときには北見にいても自分の夢は叶わないと思っていた。しかし、オリンピックでメダルを取れて、北見で夢を実現することができた。北見にいて本当に良かった」という趣旨の発言をされていた。

地方の過疎化は急速に進んでいる。地方にいるメリットは何なのか、そして、どうすれば若い人たちが定着してくれるのだろうかということを、いつも考えていた。カーリングの選手たちの活躍は、そのヒントを与えてくれたような気がする。

カーリングの選手は5人全員が北見市の出身である。これから、北見市はカーリングの町として脚光を浴びるであろう。そして、カーリングの選手を夢見る人たちが、北見で生活するようになるかもしれない。それが一時的なブームで終わらないように、地域の人たちが努力することも大切である。

今回の日本選手の活躍で、冬のスポーツを行う人たちが増えるのだろうと思う。スポーツを行う人たちが増えていくことは良いことであり、さらに大切な事は、それで生活できるような環境を作っていくことだと思っている。このような社会の実現のために努力していきたいと思う。


参議院議員・医師 桜井 充







【秘書のつぶやき】
桜井充秘書庄子です。
セルフメディケーション税制は活用されているでしょうか。医療用と同じ有効成分が含まれている市販薬「スイッチOTC薬」の購入費用のうち1万2千円を超える部分について、確定申告を行うことで所得控除ができる税制です。
昨年からはじまったこの税制、好奇心から減税額を試算してみたところ、国税庁「民間給与実態統計調査結果」より給与所得者1人当たりの平均給与422万円を取り、総務省「家計調査」から単身世帯の医薬品への年間支出額17,326円を取った場合、約500円となりました。日本一般用医薬品連合会の調査によれば、昨年8月時点で制度の認知度は57.1%ありましたが、対象となる医薬品が限られること、購入したレシートを保管しておかなければならないこと等、かかる手間を考えると、なかなか手が出ないかもしれません。
 実際の活用状況の調査等も今後行われることと思いますが、税制をつくるばかりではなく、誰もが活用できるよう簡便なシステムを整えることもまた必要ではないかと考えます。(庄子真央)

 
  • コメント(全3件)
  • ジプシー 
    3/6 07:41

    >庄子さん

     古くから「ユキノシタは気付け薬、アロエは消化器系疾病と火傷に効く」と言われており、今でも「H2ブロッカーよりアロエの方が良い(効く)」と話す方がいる。でも、減税対象にはならない。

     それだけでなく、クローブは胃薬として使われていたし、インフルエンザの治療薬であるタミフルの原材料は、中華料理で良く使われる八角(スターアニス)である

     つまり、わざわざ化学合成された薬品を頼ることなく、日常生活の中での健康管理を何処までやっているか、そのために必要な知識を十分持っているのかが大切と言うこと

     まあ、自衛権放棄を理想する人達だから、自分で健康管理する(自営)より、誰かに守って貰う方が良いと言うのでしょう。けど、そうであるなら医薬品購入で出費するように、米軍に巨額の出資するのは当然となります。トランプが「10兆円出せ」と言ったら、当然、喜んで出すんでしょうね?
  • ジプシー 
    3/6 08:14

    >桜井さん

     「一時的なブームで終わらないように、地域の人たちが努力することも大切」と言うが、北見と周辺都市は『住民たちの意思』でもって彼女らを支えてきたわけで、今更政治家風情に説教を垂れられても迷惑でしかない。まして「〜が大切」などと、まるで評論家のような物言いをされても困るんじゃないか?

     「今回の日本選手の活躍で、冬のスポーツを行う人たちが増えるのだろう」も同じ。それが正しいのなら、どうして長野五輪以降、日本選手は活躍はなかったのか、その説明ができないのである。

     トリノはメダルは1個(金メダル)だけだったし、バンクーバーでは金メダルを1つも取れなかった。どっちも「長野五輪以降の大会」であるにも関わらず、ね。

     自国開催以降でも「そうだった」のに、「今回の大会で〜」と言われても説得力に欠く。

     何よりウインタースポーツは金がかかる。フィギュアスケートについて言えば、大会出場クラスの選手が使うシューズは一足20万円すると聞く。しかも年間2足使うと言うから、それだけで「40万円+消費税」が飛んで行く。
  • ジプシー 
    3/6 08:15

     更に言うと、大会などへの遠征費、衣装、振り付け、コーチ費用なども自己負担だから、ジュニアでも年間200万円前後必要で、トップクラスになると数千万円になると言う。そんなスポーツが流行るだろうか

     スキーだってジャンプと滑降では板が違うし、ボブスレーにしても日本製を日本選手団が使わないという矛盾がある。カーリングだってストーン1個20万円すると言うから、会場建設費以外にも500万円程度必要で、その金を「やりたい人」が負担するのは無理だろう

     貧乏な国から選手が出ないのは、何も「雪が降らない土地」だからではない。それを無視した発言は如何なものか・・・
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)