「ついでに」という教え

私は子供のとき、母から「ついでに」という習慣をつけなさい、と教えられました。

勉強でも、算数の宿題のついでに、予習もしちゃいなさい、という具合です。

この習慣がつくと、例えば、買物に行くときでも、「ついでだから、なんでも買ってくるよ」といえるようになり、周りから可愛がられるようになるよ、と教えられたのです。

昔の人は、いいことをいうなあ、とわが母ながら、感心してしまいます。