どんな上司についていくか

秀吉や家康はほめ上手だったといわれています。

その点、信長は、能力主義一辺倒だったので、叱り方がはげしかったそうですが、現代でも、このタイプの上司がいます。

こういうタイプは、「高転びに転んで」失敗する。

人間性の豊かな人を目標にすることを心がけましょう。