雨の日、風の日…

かつて「雨の日、風の日、訪問びより」という言葉がありました。

そんな日は誰でも外出を渋るので、出かけていけば、目指す相手と必ず親しくなれたものでした。

この金言は、人がいやがることをやれば、運命は劇的に変わることを教えてくれています。