「占い」の意味

「占い」とは「裏な意」からきています。

私たちの目は表しか見えませんが、物事や物体には、必ず裏面がある。

その見えない裏を見抜く方法が、占いなのです。

だから知らないより、知っている人のほうが、はるかにトクになる。