え  E  エ

え   の言霊



え     ふくよかに ふくよかに  やわらかな えみ(笑み)は やわらかな ことのはから

ことのはよ やわらかな ふねからのいでいが さくらちる

え の言霊は 言霊を発信させる唇の役目で   この え は 8 。


拡がりと 末広がり 大器晩成 と努力の泉を持つ者に この え  は夢を実現させるほどの音霊があった。



え を漢字で表すと 

実は  紡  という

この 紡 は細い糸を紡いで紡いで やがて大きな一枚の衣などを 創っていくかのように

こつこつの たゆみない努力の 意味を表す

実直

素直

真面目

温和な

柔軟

広大

と 大自然の季節の変化を垣間見るような 広大でありまた柔らかなイメージができますか?



え  は  8 である。

数霊 に例えると え  は 10以内は例えられてないので・・・・

素直に

8 末広がりに拡がりゆく数霊 大自然の意に生かされて 一体となって進んでいく様を示している。

行く先は弥栄(いやさか)の世界。喜び栄え賑わう弥勒の世 理想郷だ。



   名前に え がつくあなたへ

          此処にいる  これからも

          そこにいてね  これからも

          約束は果たされる

          いつだって  帰ってくる場所が

          ここなのだから

          いつのよでも

          この手 離さず

          あいしているのよ





そんな え の意味が持つ  言霊   。