堪えて 堪えて

楽しんでた時もあった。

堪える 事に   愉快になって 

堪える 事に   自信がついて

堪える事を 楽しんでいる時があった

   つい最近まで

でも  それって  角度を変えてみれば  一種の傲慢さであるから

『  現実を見ないとな〜  』  なんだ。


堪える事によって 相手に譲歩する。

相手が その堪えてくれた事に 気づいて 努力すれば 

その堪えは 報わるのだけど


半分くらいかな・・・・。


堪える事  少し 止めています。

堪えても 相手のためにもなってない  し

それに

悲しいけれど

自分のためにもならない


自分の糧に出来る時期はあったんだけれど

その時期は 済んでしまって

去年から

相手のために堪えるのなら 鳴る鐘に堪える事にしてる 。


世の中そんなに甘くない。

自主独立

自分でできる事 とプラスアルファは 自分でしなさい


であります。

プラスアルファが無いと 社会は改善しないよ。