例ええるのなら音符

わたしは この地球に 生かされている


と 最高の気づきに出逢ってから 何年か過ぎた。

この地球への感謝は 絶える事が無い。


だから

雨が降っても 嬉しい

風が吹いても 嬉しい

雨が降らなくっても 風が吹かなくっても  地球に怒らない 泣かない 。


生きているからこそ

沢山の 喜びがあって  失敗から学ぶ気づきがある。

痛かった お父さんとの時代

痛かったから  痛くない普通に 感激がある。


この 溢れる  生きている感謝 を何かで例えるとしたら

言葉でなくて

音符 なんだ。




言葉でなくても  頭の中で たくさんの 五線を書いて その上に メロディーになってない音符をたくさん並べる

ありがとう  の気持ちを  溢れるように この地球に伝えたいのだ。


ありがと  って


だから


わたしは


歌を聴く

この歌を。