蒔かれた種と 育った芽

暗いから光って

夜があるから 朝がある

重いものがあるから 軽いものもあって

寒いから 暖かいもある

その反対に

光るから暗いがあって

朝があるから夜がある

軽いものがるから 重いものがあって

暖かいから 寒いのもある

人間って 最後の言葉が重要

嫌い食材ばっかりだったけれど  美味しかった  と言うか、

美味しかったけれど 嫌いな食材ばっかりだった  と言うか。

もちろん 前者の方が 良い。

そして この世間には 後者の意見が 頭によぎる人もいる。

それは  仕方ない事 であり 必ず起こる道理である。

幸せとは 不幸の中から産まれる

不幸を知った者ほど 幸せがわかる。

美味しいものだって  不味いものを知っているから 美味しい と解るんだ。

比較は 常に ある

不幸を礎に 学んだ事

それは  学びを得た者からすると 『  なんて バカだったんだ  』  と思うかもしれない。

でもね  不幸を意志杖に出来てない人の方が  『  ばか  』 だと思ってほしいな。

どれだけの  代償で バカに気付くのだろうか。

それを考えれば  不幸が礎になった あなたの 学びは 決して バカじゃないんだ。

バカ と考えるより  その学びを 大切な子に 家族に 教えて行く事 。

人は 本当に 平和ボケをする。

こんな  大きな被害を受けても  ほとんどが 忘れる。

そして  またいつの日か その大きな被害が出た時に  慌てる 。

学びができた人  その学びを無くさない事 に誓ってください。

いつの日でも 悲劇は 世界中で起きていると  認識を持つこと

世界中の悲劇  の中に  私たち日本人が  恵まれている暮らしを することができ得るという事

に  感謝して行く事  が大事。

この悲劇も  日に日に回復し 5月をもって 不安は消えるだろう。

一個人が 向き合うべく 悲劇は  もちろんあるが

一個人の 悲劇は 今回は数が多かった  けれど

不慮の事故で  なくなる人が 日常とても多いのだ。

日本だけで一日300人 の自殺者

数じゃない

一つ一つの 一個人が 送る人生 にドラマがある。

いつ  その悲劇のヒロインになるかもしれない。

でも  世界中に 悲劇のヒロインはいる。

蒔かれた種を  育てたあなたの芽は  いい芽を出した。

気づき  それが  学び 。

学びを 伝えて行く事 

それが  気づき学んだものの  役目である。

そして  種を蒔こう。  気づきと言う 学びの種を。

 
  • コメント(全1件)
  • りょりょ様 
    4/1 16:41

    いつも、癒され文章ありがとうございま

    今回はそうだよね
    納得な幸せ不幸忘れてはいけない世界中でおごってきて日本は恵まれてるまた納
    忘れない忘れられない日。みんながそうであってほしい。今までが便利すぎたん
    日々考えます。明日は我が
    私も何か頑張りたい

    東北の人に何かできるか、私は募金をする事、節電節水、子供にあたりまえの毎日がどんなに幸せか今日々教えてます。そして自分自身にも厳しく

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)