響け

響くもの

響かないもの

どっちでもいいけど

響くものだけが 残った。

だから 

これからも

響くものだけが 残っていくだろう。

それでいいのだ