羽のから騒ぎ

オレンジ尾らの羽が恋をした

お空のお天気のように ちょっとしたことでピーカンの晴れと思いきや、どんよりど淀世の曇りになったり。

あれ涙?と思いきや どしゃぶりの雨がどーっ そして アレマー tと晴れ間ー。オレンジさんが恋をすると四季があっという間に通り過ぎた。。。 人騒がせなオレンジさん。

そんなオレンジの羽さんを見て

モジモジしている緑の羽君

千と千尋の神隠しの顔なしみたいに  『 あ・・・ あ・・・・ あ・・ 』

何も言えなくて夏 になってしまった。

そんな極端な オレンジ羽ちゃんと緑羽君を見た 赤色羽様は

『 あんた達ぃ よぉーく見てなさいよぉー 恋のお手本ってのを見せてあげるわぁー』 とどっかーんと 突っ走っていってしまった。 沈む夕日に 『 好きなんだぁ〜 』 と叫んでも相手には届くわけないじゃない。


と冷静に見ていた 青色羽の君

相手がどんな人か どんなことを好むのか データあー分析開始! 出た解析は完璧

いざ挑め!    だが、 冷静な青色の羽の君は 告白が 棒読み   チーン・・・・。


そこで!

『 だーめだってばぁ んならば わたすに任せとったらいいんしゃ 』 と空気を読めない黄色ちゃん。

突っ走りことも 静かになることもで霧黄色ちゃんは 相手の言うことを 一生懸命

『  んだ  んだ   』 と聞くだけ・・・・・。 もうちょっと空気読もうよ




と羽のから騒ぎでした。