君を守る前に大事な事。

人は死ぬと 遂には 自分とまったく同じ人生観価値観性格の 誰かを守護するようになる。

と、 その前に  大事な事がある。

もしも あなた生きていた人生の中で たった一つの後悔があったら あなたはその後悔をクリアーしたいと思いませんか?

たとえ 肉体が無くなって 誰かの右肩後ろで守護霊となっていても 自分の後悔をクリアーしたいと思いませんか?

もちろん、守護霊になったときは 後悔はありませんよ。

守護霊に成る前に あなたの後悔は 使命という呼び名にかえて時をまたぎます。

産まれい出た赤ちゃんが その使命を受け取ります。

そう、 産まれたばかりの赤ちゃんにも守護霊は存在します。

守護霊は べつの誰かの右肩後ろで守護している守護霊の生きていた時の後悔を預かり自分が担当しているあなたに  『 誰ダレさんの遣り残しなんだけど あなたが代わりにこの後悔をクリアーしてね 』 と託される。

つまり あなたが行っている使命は 別人の守護をしている守護霊の生きていた時の後悔なのです。

そして あなたがその使命に気づいた時 あなたの隣人にその使命を託した守護霊が守護している君が居ます。

解るかな つまり  前世 と言われている存在は 魂の受け継ぎではなく

前の世に生きていた誰かの遣り残しを 今生きている我らが使命として代わりに行うのです。

つまり、 人は生まれ変わりはしない。

だから、人は死ぬと産まれ変わらずに守護霊となる。

昔から受け継いでいるバトンは 誰かの遣り残しでもある。

そして あなたの遣り残しだって遠い未来の誰かが使命として代わりに行なってくれる。

だから 遠い未来の誰かのためにも 良い使命を残さないといけない。

それは  『  ぜひ 実行してみて! 』 と言わんばかりの 役に立つ使命を伝達しなければならない。

そう、 自分の尻は自分で拭かないとね!

 
  • コメント(全3件)
  • ぽんた 
    1/31 21:32

    明日 もう一度 読みたいので、夢で感じてみようかな、おやすみなさい
  • マオポポ◆ 
    2/1 00:37

    最近「死ぬときに後悔残したくないなぁ…。やり残してることはないかな?」
    と考えて…

    借りているものを返していないことに気付きました


    このまま死んだら誰が返すんだ…!?と思いつつ…行動に移せない私です

    返さなきゃー

  • まりん ♪ 
    2/1 01:13

    深いですね

    私は 今の自分は現世で
    生まれる前の人生が前世で使命を持って今世に生を受け やり遂げれなかったコトが来世の使命になると思ってま
    から悔いのない人生をと思い日々過ごしてます

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)