タイトル 『  自分  』

産声を上げてこの世に生まれた時から自分だけの人生をたくさんの人に支えられページを重ねていく

やがて そのページの文字は

『・・・・     してもらった   』  から  

『 ・・・・・・・ 出来るようになった   』

そして 起承転結の 承 の章へとページは進む。

人生は思ったように行かない。  それは当たり前のこと

人生は苦しむことが多い。     それも当たり前のこと

  

人生は人が人として生きるための道。

動物や植物では感じることのできない幸福感や達成感 またその反対があるからこそより一層の幸福感と達成感を繰り返して人は 人として生きていく。

自分の道に どれだけ人の力を借りているか

自分の道に どれだけの助けができているか

考えたことはあるか?

もらった分 してもらった分は バトンを渡していくかのように 次の世代へと 次の世代へと 

ちゃんと しっかりと 繋げていかねばならない。

もらったままにしてはいけない

してもらったままでもいけない

してくれたひとに返さなくてもいい  次に繋げればいい。

やがて 起承転結の 転にページは変わる

上手に上手に 返すという繋ぎをしていれば ひっくり返される人生にはならないはずだ。

子に孫にへと 我らの罪が必要以上に付加されないために 自分の道は自分で歩こう

そう、 どうせなら 誰かに必要とされることを一つ以上はしてみようではないか。

万人に認めてもらわれなくてもいい 唯にその誰か手を貸してあげた人の心に金字塔が建てばいいのだ。

人と言う字は支えあってできている

わたしは そう言わない

人という字は 昇りあって人となる。


タイトル  『  自分  』  その自分の叙事伝を伝承させよ。


天は自ら助くる者を助く

そう、 神は自ら人を助ける者を助けているのだから。

そう、 神は己の中にあり

そう、 神は我なり

恥ずかしくない人生を。

 
  • コメント(全4件)
  • マイメロ 
    1/27 12:38

    先生の言葉が、胸にしみました

    今、私が悩んでいた事があるので、先生の言葉がしみました

    ありがとうございました

  • ぽんた 
    1/27 13:14

    気を引き締め

    生き

    ます
  •  
    1/27 14:10

    33歳の時から病気になり何かの罰があたってしまったのかって自分を責めます。出来る事なら以前の体に戻りたい。その方法が見付からなく毎日不安と闘う日々。この病気と死ぬまで付き合っていかなきゃいけないのかな・・寝てる時が一番幸せっておかしいですよ!
  • マオポポ◆ 
    1/27 14:34

    うー。新しい見方、考え方を知りました


    人は昇り合う

    自らが

    そんなこと言う人居なかった!

    素晴らしい!

    そして、面白い!

    また目の覚めるようなお話たくさん聞かせてください


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)