ジャガイモのような人

人って変われる? 変われない?

守護霊の絵をかいた時に ジャガイモの絵を描いた。

ジャガイモ・・・・ 陽に当たれば毒素が出る。 特にあの芽はしっかりと切り取らないと胸やけを起こす。

茹でてつぶせて シチューや煮込み揚げ物サラダ と用途はかなり広く 料理のしやすさは玉ねぎの次くらいなんじゃないのかな。  そのジャガイモを描いた。

そのジャガイモの絵の持ち主は 極端で 毒もあれば 用途も広い  というタイプだった。

人は誰しも 短所と長所がある そのジャガイモの絵の持ち主も 極端な性格の持ち主だった。

いいね、 ジャガイモって  畑で成る芋、 種芋を確保して畑に植えれば また来年もたくさんの実がなる。

その繰り返しで ジャガイモ畑は たくさんおいしい実がなる。


見た目はごつごつしててぶちゃいくかもしれないけれど 火を通していただくにはどんな味付けにもぴったり。


このじゃがいもの絵の持ち主は 出雲大社に行き 厳島にも伺った。

未来行きの切符を手にしているのである。

このジャガイモは ただのじゃがいもではなくなった。


人って ひょうんなきっかけで変われるんだ。

もちろん 変わることのできる素質があるからなんだろうけれど、 毒が抜け良い じゃがいもになった。



たぶん、  土地の運気を上げるのに  畑を設けるとは いい事なんだろうと思った。

特に 北の方角 、もしかしてお日様は当たらないかもしれないけれど 北半分の方角のどこかしらに根野菜を植えるとはいいかもしれない。

特に 鈴なりになる野菜が いいのだろう。

わたしも 巻貝のような家を建てた暁には 根野菜とトウモロコシとかぼちゃの畑を設けよう。