嫌な事があっても

自分の心が 一瞬でも満たされたら 

また頑張れる。

北極圏の緑の花が 長い冬を乗り越えられるのは 短い夏の時間をちゃんと蓄えられるから。

夜は朝が幕開けするための カーテン。

カーテン それは閉ざす事 閉ざされる事

その閉ざされた カーテンがあるから 幕開けは素晴らしい。

その幕開け もしかしてあっという間の事でも

次は 期待ができるから、

人は期待(希望)を持てるから 幕開けまでの 暗い時間を待てる。

嫌な事と感じるのは  その反対の良い事を知っているから

良い事と感じるのは  その反対の悪い事を知っているから

どっちもあるから 判る事っていっぱいある。

人は 比べられる 考える頭がある。


だったらさぁ  すっごく  すばらしい!  と感じられるように

めちゃめちゃ嫌な事でも  笑って 耐えてみようよ!

明日は 笑顔になれる人にしか 来ないよ きっとね。