『 生きてて 良かった 』  

と、 泣いた。

走る車の中で ふっと 走馬灯のように 記憶と思い出が 走ったからだ。

まだ 1歳に満たないころ 赤ちゃんだったわたしは やかんのお湯をかぶり 大火傷をしたらしい。

そして 雲の上からの 滑り台の夢。

12月、 あの 滑り台の 同じような夢を見た。  すごいスピードで 走り抜けようとしたけれど 狭くて抜けられなくって そして ぶつかりそうになる。

  ・・・・・これは 解釈すると 怒涛のように 知らせが来るのだが あまりいい結果にならない という夢占い。

トイレに入る夢を見た。 入って かぎを閉めて 台に上がると 床が 先客のせいでズポッっと半分ぐらい抜けそうになる。

ドキドキしたけれど 無事に トイレから出て 困難から避ける事ができた。

 ・・・・・・ これは 解釈すると 誰かにはめられそうになるが 結果は良くなる 災い転じて福となる の意味も夢占い

この1か月で 過去の繰り返しをした。

来年  風の年。

カラーは 空の青。

今までのカウンセリングで 風が吹き荒れている光景の画を書いた君。

本当に手にしたかった もの を掴みかかる年になる。

いままでの がんばりが 発揮される年。

きっと 良かったね と言える年であろう。