続けるということ。

天気は悪いけど、少し寒さは和らいでる気がします。

アメリカ在住の友人が彼女の住むアイダホの大学のイベントで、義援金の募金や折り鶴で参加したところ、たくさんの方が快く協力してくださったそうです。
遠く離れた国で、個の動きが輪を作っている。

これからはこの意識を継続していくことも大事になっていくのでないかと思います。

以前、中越地震の被災者の方の避難所での洗髪ボランティアさんのお話を演じたお仕事がありました。
実際に行かれた方や被災された方のお話も伺いました。
今出来る事、これから出来る事、1年後、2年後、その先に出来る事。
個々の能力が最大限に提供できるタイミングでお手伝いすることの大切さを教えられた現場でした。

今何かしたくて、はがゆい思いをしている方も多いかと思います。
でも、少し収束してしまうとその気持ちが薄れて行く。
そうしない努力もこれから必要になるのではないかと。