祝辞。

カドくんお誕生日おめでとうございます!

かれこれカドくんと出会って5年が経過しました。
この祝辞を書くのもこれで5回目。

俺とイヨがオバビで初めてオバラーの前に出たのがちょうど5年前の今頃なんですね

あの時楽屋に缶詰めにされていたのは今ではいい思い出です。


体のコンディションがそのまま音に出るボーカルというパートで、しかもバンドのリーダーで、そんな過酷な状況でいつ壊れてしまってもおかしくないような。

そんなギリギリの刹那で生きてるような、そんな所に惚れてます。

まぁほんとに壊れてしまっては困るのでギリギリ以上にならないでね!!

あと覚えてないかもしれないけれど、初めて話をしたときに
「これからは音楽で勝負していきたいんだ」
っていう一言があったから俺はこの人なら一緒にバンド続けられるなって思ったんだよ。

それまで俺は自分が中心にいなきゃ気が済まなかったんだけど、初めてボーカルを立たせようって思えた瞬間だったんです。

といった具合にとてもカドくんは素敵で魅力あふれるボーカリストなんです。
オバビの自慢のボーカルだね。

これからも他3人でその魅力をもっと引き出せるようにがんばるので、もっともっと磨いていきましょ♪

誕生日おめでとう!

マルでしたー。