褒められる。

肩こりがひどくて耐えられなくなり、マッサージ屋さんに行きました。

素人目には肌色の普通の肩をしているんですが、プロの目から見ると張りつめた肩をしているらしく

「今日ツライ所はどこですか?」と聞かれて

「肩です。」と答えると

「でしょうね。」っと返ってくる。

コダマでしょうか?

そんな訳で、見た目がすごい事になってるらしいです。
大体の流れで、その後に
「お仕事は?」っと聞かれる。

だからバイトでやっている「スポーツジムの事務をしています。」と答えると。

だいたい一回失笑される。
この自己紹介がなかなか覚えられやすい。

今回も聞かれたので
「スポーツジムの事務です。」と元気に答えたらば・・・爆笑してもらった。

「なるほどぉーカタカナと漢字のね?」「ほぉー、カタカナをねぇ。」と、とても感心された。

「同じ言葉だけど意味が違うもんねぇ?」と分析された。


理由は分かりませんが、とても恥ずかった。

帰りは軽くなった肩と重くなった心を引きずって帰りましたとさ。