キャベツの如く

キャベツを丸ごと千切りに出来るというスライサーを手に入れました。

幅が広くて、切れ味抜群。

これは優れもの。

さっそく、キャベツ・ひき肉・にらを買って来て餃子を作りました。

キャベツを一玉余す事なく千切りにして、それをさらにミジン切りにして・・・と流れる様に、大量に餃子を作って洗い物をしていました。

大量だったんで、食器カゴには大きめのボールとか、でかい物ばかりを載せていたら、さきほどのスライサーがするりと落ちて、落下の過程で左手に当たって床に落下しました。

あらあら、今日一番の働きを見せた調理器具が・・・と拾い上げようと手を伸ばして気がついた


左手の指先の爪がおかしな形になってる?

見ると中指と薬指の爪の中程の部分が、すっかりスライスされていました。


まあ、スライスなんで大したケガじゃなくてよかったですが、キーボードが打ちにくくて困ります。


スライサー、穏やかな顔をしていても刃物でした。

とりあえず、餃子は美味しかったです。