今が旬

10月になりました。

昔の言い方では、神無月です。

これは、日本中の神様が島根県出雲大社に会議の為に集まるので、日本中から神様がいなくなるからだそうです。

逆に私の出身地、島根県では神有月といいます。
全国各地から八百万の神々が集まってきます。

県民総数71万1709人の10倍以上です。
どこを向いても神様がいるんで、一年で一番悪い事をしてはいけない月間です。

1人につき10神以上の監視体制ですから、県民のこの時期のストレスは他の地方の方には想像できない事でしょう。

悪い事したら即天罰を与えようと、今か今かと待ち構えた神々の狂宴。が行われる秋の島根県。


行楽の秋、今の季節に是非お出かけ下さい。