今日は、涼しい日でしたね。

何なら、少し肌寒いくらいだと思いました。

なのに、バイト先のスポーツジムのフロントでは、若い人たちだ暑い暑いと言っていた。

あの暑がり方が正常なのか?

あぁ、若いつもりでいたけども、熱とは徐々に失われて行くモノなのかもしれない。

このまま熱を失い続けて、行き着く先が・・・死。

すすけた気持ちで、ふと見るとエアコンが暖房になっていた。

熱風しか出ないエアコンの噴射口に向かい暑い暑いと言っている若者。


あぁ、自分の目の前にいるのは若いとか関係なく、ただのバカだった。


ホッとする反面、このバカさ加減が若さなんだろうか?

次は一緒に暑がろうと決めた。

 
  • コメント(全3件)
  • たかちゃん 
    8/23 02:18

    初めまして今晩みぃ

    あなたも充分
    見えるのだが


    何歳なんです

  • Pino☆MAKI 
    8/23 02:21

    久々にこんばんは☆
    この暑いのに暖房とは…
    中なのに笑ってしまいまし


    でも最近夜涼しいですね

  • オオツカデモ可 
    8/23 13:46

    たかちゃん
    はい、三十路になりました

    ぴのた
    そうなんです、油断するとクシャミが出ます。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)