ひげ太夫


『ひげ太夫』。



劇団名です。
昨日に引き続き今日もお芝居観てきました!

タイトルは
『マドロス豹十郎』。


これまたどんな内容か予想つかないですよね(>_<)

ひげ太夫さんは女性だけの劇団なんですが文字通り、ひげを書くんです。
ぶっといのを。
眉毛もぶっといです。

そして、体一つで色々な物を表す。波や風やなんかも。
テーブルや椅子なんか当たり前。

今日ビックリしたのは、回転寿司やiPhone、手相までをも表現してしまう。
そして、面白い。
上手く出来てるなぁと思う。

ただもっと凄いのは、組体操!
小学六年生でやるのとはちょっと違う、何かもっと凄いやつ。



実はひげ太夫さんには、三年前『トリツカレ男』という作品でお世話になりましたm(_ _)m


三段跳びのシーンや仮面祭のパフォーマンスのシーンで何か体を使って表現出来ないか、ってことで色々お手伝いして頂いたんです!!!!


女性の肩の上に別の女性が立つってのは基本だそうで、いとも簡単に持ち上げてました!

本当に楽々と。

「こんなの簡単じゃないですか!」

いっても器械体操の経験があるんだ。これぐらい、お茶の子さいさ……。
出来ない。

……。


土台は体のキレる菅野さん。
申し分がない。
出来ないはずがない。



「コツとかってありますか??」





あぁなんだ、最初っからそれ言ってもらったら、すぐに出来まぁ……。


やっぱ出来ない。



とにかく観た目以上に凄いっ!!

軽々とやってるけど実は以外に…………
みたいなやつです。



今日観たけど、本当に簡単そうにやるんです。

もうすぐ天井に頭着いちゃうよってこともやるんです!


興味のある方はぜひとも!

東京は明日まで。

その後、大阪でもやるそうです。


関西近郊の方は是非〜(≧∇≦)


小多田直樹


 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)