心を打たれました

「英国王のスピーチ」についての伊藤伸二さん(日本吃音臨床研究会代表)の言葉

「だって弱点や劣等感を持たない人はいないでしょう? 自身はそれを個性のひとつととらえて付き合っていく勇気を、周囲はそのままでいいんだよ、と受け入れる愛情を持ってほしい」(産経新聞)。

心を打たれました。

 
  • コメント(全6件)
  • †愛† 
    3/24 14:41

    すみません、障碍者の多くはそれをいつも考えてます・・・健常者がおろかなのです・・・私の日記をご覧あれや・・・コメントした著名人もいましたぞ・・・
  • 三毛猫☆彡(6/7まで休みます) 
    3/24 16:38

    日本じゃ無理だね
    椅子優先のエレベーターでも健常者は一人も自分がおりて車椅子の人をのせるということをしない。コンプレックスを持つなというのが無理であろう。自分は健常者と言われている奴らを決して許せない。
  • あっきー A key 
    3/24 21:52

    吃音の方々の「宣言」には以前から大変感銘を受けておりましたが、映画ができたことによって、また理解が増したかと思うと、大変うれしいです
  • 蒸気機関車→視察しあえる経営者さん募集中☆ こてつ(元コリラックマ)  
    3/25 01:25

     
    周囲の愛情が足りんのだな
    解もない。
     

  • さよなら。アリガトウ… 
    3/26 04:11

    難しい言葉ですね…

    あぁ…精神病院行きたい…

  • 111MИHДAЛЪ111 
    4/10 13:19

    ロイヤリティーの方々は 国の リーダーと されて国民を 護らなければ なりません。その プレッシャーや 民間とは 違う生活や 孤独との 戦い。

    クラシック芸術家の スポンサーは ロイヤリティーでした。民間のために 作曲された 曲では ありませんでした。歴史的に いつの時代も 戦が 果てしなく 続き ロイヤリティーの 方々の お心を やすらげたり ひとときの 人間としての 慰めや 勇気など 宮殿における演奏会は、特別な時間でした。宗教音楽の曲も ありますが ロイヤリティーを 称える 曲が 献上されました。ベートーベンの第9は、イギリスに 献上されました。ハイドンのチェロ 協奏曲は フランスと イギリスが 当時 なかが よく ありませんでしたが なかなおりなり その 祝典のために お祝いで 花火と 共に ハイドンの チェロ協奏曲は 演奏されました。ハイドンは ロイヤリティーのために 貢献されました。クラシック音楽を 聞くと アルファ派が でます。特に モーツァルトなど 植物に聞かせると 植物が よく 育ちます。モーツァルトを 聞くと アルファ波が出てるのを 脳波で 計測から データが 出ています。クラシック音楽のバッハは 平均率など 黄金率に より 調和された ハーモニクスから 心身に 影響を 与えます。クラシック音楽 鑑賞 推薦 します
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)