原因探し

私たちは、何かうまくいかないことがあってつらくなると、その原因を探りたくなります。

そのように原因を探ることは問題を解決するためには大事です。

しかし、気をつけないと、それがいつの間にか、自分を責めるようになっていて、そのためにますますつらくなっていることがあります。

そのようなときには、原因探しが、悪者探しになってしまっているのです。

……これは私のメルマガ「こころトーク」で以前に配信したものです。こころトークでは、続きがあるのですが、一部を抜粋して、ご紹介させていただきました。

 
  • コメント(全13件)
  • ∝anjeleak∝ 
    1/25 11:00

    ついてないことが続きました。購入したバターに髪の毛が混入していたり、車をパンクさせられたり
    癖の悪い人ばかり寄って来ます。避けても避けても…
    疑心暗鬼で対人恐怖症。ちょっと出かけると災難ばかり。親は非難するし、ふさぎ込んできました。唯一、読書は安全に室内で視野を広げるツールです。自分を責めない他人を責めないということですか!?原因追求しないということは


  • nyaotaro2004 
    1/25 11:46

    自分を責められるなら、まだ気が楽です。。
    ものごとの事情によっては他人に責任があると思わざるを得ず、診察でそのように話すと、主治医の先生からは「あなたは他罰的」と言われます。そうすると「自分は悪い人間なんだ」と思い悲しくなります。先生は事情を知らないから仕方ないのか、やはり自分が悪いのか?、真実は何なのか、自分でも判断は難しいです。先生は診察時に同じような経験をされたことはありませんか?長文失礼しました。
  • ☆ペンちゃん☆ 
    1/25 12:20

    自分を責める気力さえありせん

    頼まれごとを忘れていたら
    へこみますが

    主治医から
    「あなたはよくやっている」と
    言われるから
    そうだよねと受けとめてま
  • 三毛猫☆彡(6/7まで休みます) 
    1/25 12:34

    精神科医の言うことは鵜呑みにしない方がいいですよ。自分の苦しみは他人にはわかりません。だからトンチンカンな答えが返ってくる。自分探しいいじゃないですか。確かにつらいことと向き合わなきゃいけない。でもそれを乗り越えたとき人間的に成長してるんですよ。精神科医よりもねw

  • がばい兄ちゃん1号 
    1/25 13:01

    悪者探しで自分を責める…辛い状況ですね。どこか、一ヶ所だけでも変えられそうな行動が見つかると、良いのですが。

  •   だいけん 
    1/25 13:09

    自分を責めるつもりはなくても、
    再発防止のために、原因を考えることがあります。
  • おひさま 
    1/25 13:46

    うまくいかない事の原因は、周りや自分やそれ以外であったりと複雑ですが・・・ややもすれば、周りのせいばかりにしてしまったり、また、自分のせいばかりにしてしまったり、偏った考えになりがちです。原因をまんべんなく見渡して、その中から進んで自分が出来る事だけを捜して、実行する方に力をそそぎたいと思います。

  • thank you forever 
    1/25 14:18

    確かに、原因探しをしないよう、主治医のお医者さんから、おっしゃられましたが、原因探しに躍起になっているより、いまの状態を、うけいれることができるようになれることが課題なのでしょうね。ちなみにいつも、「自罰型ですね」とゆわれちゃいます。
  • 。+★魚魔殺★+゚ 
    1/25 17:32

    なんとなくだけど
    ちょっとわかる気します。
  • あゆか(ゲームお断り) 
    1/25 20:37

    原因探しが悪者探し、頭に入れないと…
  • nyaotaro2004 
    1/26 20:12

    ↑原因探しが悪者探し、って本当にそうですね
    自罰か他罰か、どちらか悩むこと自体が悪者探しですね。
    気をつけなくてはいけます
  • 三毛猫☆彡(6/7まで休みます) 
    1/28 02:30

    自分も原因を探すなと言われた。しかし!それは医師のマニュアルである。自分は何百冊とハウツーから専門書を読み薬学も学び原因をコントロールできるようになりました。原因=悪者とは限らないし原因を悪と表現するのは偏見ではないだろうか?
  • うり 
    1/28 11:55

    先生、こんにちは
    邪魔します

    ちょっと感じたこと書いてみます

    以前の主治医に辛かった過去(原因と思われる)の話をやっとの思いで話したら、「そんなの関係ない」と一言で片付けられ、大変残念な気持ちになったことがあります。これでは心が楽になっていかないと悲しくなってしまいました。私の場合かもしれないですが、原因をしっかり見極めることが、とても大事なことと思っています。原因が分かり、なぜ今こういう病気に繋がる状態になったかということを整理することで、患者は少しほっと出来ることもあります(私はそうで
    )。ただ、気付いた原因で自分や誰かを責め続けるばかりでは何も解決はしないと私も思います。でも、心の不安感の強い時に、すぐに医者が原因なんて関係ないという対応をするのは疑問に思っています。私はこんな風に感じましたが、患者さん それぞれで違うものなのかもしれないですが
    んな風に思う患者もいることを分かってくれる お医者さんが居てくれたら嬉しいな と思います

    週末に向けて寒さが 又 厳しくなるようですから、風邪に気をつけて お身体 大事にして下さい

    失礼しました

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)