心の存在感

2011年です。皆様明けましておめでとうございます。

昨日の大晦日はちょうど金曜日で、私のメルマガの配信日でした。

私が監修している認知療法活用サイト「うつ・不安ネット」の会員用に配信しているものですが、「去年今年貫く棒の如きもの」という高浜虚子の俳句から、私たちの心の一貫した存在感について書いてみました。

ある解説によれば、「去年今年」は「こぞことし」と読み、大晦日の夜から正月に変わる瞬間や、その感慨を表現する言葉のようです。

今年も皆様にとって良い年になるように願っています。

 
  • コメント(全6件)
  •   だいけん 
    1/1 08:42

    あけましておめでとうございます
    大野さんのメルマガ、日経コラム今年も楽しみにしています
    どうぞよろしくお願いいたします

  • おひさま 
    1/1 15:39

    明けましておめでとうございます
    心の存在感…あらためてかみしめています。
    今年も、よろしくお願いいたします。
  • がばい兄ちゃん1号 
    1/1 19:11

    あけましておめでとうございます
    一本、貫くものですか心に「迷い」ができそうな時、そこが踏ん張りどころになってくれるのかもですね。

  • 悠希♪みんな忘れないでね♪ 
    1/1 21:02

    大野先
    明けましておめでとうございます

    今年も支えて下さい
    よろしくお願いしま

  • マイメロ 
    1/1 21:16

    大野先生、あけましておめでとうございます

    先生の言葉と、皆さんのコメントを読ませて頂き、心にしみました
    年もヨロシクお願いします

  • thank you forever 
    1/5 11:48

    いつも、お世話になっていただいております。

    メルマガ拝見させていただきました。
    いつも、ほっとする内容に、心洗われる気がいたします(^-^)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)