「木の皿」

昨日、以前出演したことのある
加藤健一さんの公演を下北、本多劇場まで
行って来ました。

何度も再演している作品で、私は一度も
観ていなかったので楽しみに行きました。

テーマはそれぞれに迎える老後の問題。
年老いた親を老人ホームに入れるかどうするかで
実の息子、その妻、孫、そして年老いた親、
それぞれが苦悩し、ぶつかり、家族が崩壊しかけていく。
とても重いテーマでした。

生きていく中で絶対避けられない問題だから
ずっしりと心に響いて、受け止めて
帰ってきました。

加藤さんの芝居はコメディー以外は
観客にしっかりとメッセージを投げかける
深みのあるお芝居です。

私もじっくりと又芝居がしたいな〜って
うずうずしました。

でも、今月は「ボンボン」。。。
歌でもしっかり心を伝えましょう