ストレスと肥満の関係

みなさん

こんにちは!!

お肌元気ですか??


王子は元気です!!!

最近ホントに暑いですね!!

そとに出てたら、皮膚がとけちゃいそうです(T_T)

ひぇーーーーって感じです!!


暑くなると食欲も無くなってきて、

健康を損なうことがありますので気をつけましょう。


また、暑くなるとちょっとしたことで

イライラして、ストレスが溜まっちゃう人もいるようです。



そこで、今回はストレスと肥満の関係について

ちょっとお話したいとおもいまーすう。




人間の食欲は脳の視床下部にある肥満中枢と空腹中枢によってコントロールされているんです。


食欲の調節には多くの神経伝達物質やホルモンが関与していて、心理的、社会的因子によって大きく影響を受けてしまいます。



動物実験でも、大きななストレスを与えると食欲の低下が起こり痩せてしまうとう結果がでています。


ちょっとしたストレスを与えた場合は食欲がふえ、肥満になっちゃうんです。



これは人間でも同じようなことが起こります。


極度の疲労など強いストレスが加わった場合、食欲が落ち、体重がへっちゃいます。


職場や学校でのストレス、様々な対人関係のストレスなど日常的なちょっとしたストレスの場合は食欲がふえ、体重が増えがちです。

「やけ食い」「気晴らし食い」に代表されるように、心理的ストレスが過食を引き起こすこともあります。

特に女性は、甘いものを食べることによって精神的空虚感を癒そうとする傾向が強いといわれています。


王子も甘いものを食べることで癒されますけど・・・



なんとか体重キープしてます。。。


とにかく、ストレスを溜めないということが大切ですね。。


みなさん

それぞれの

ストレス解消法を持っておくといいと思います!!!