96歳になる祖母に十時間以上、祖父との恋愛の話を聞き、脚色を加えて小説にしました。

  • 鬼塚忠 公式ブログ/96歳になる祖母に十時間以上、祖父との恋愛の話を聞き、脚色を加えて小説にしました。 画像1
「恋文讃歌」(河出書房新社)。予約開始いたしました。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/97...
 もう70年ほど前の話ですが、心がとけそうなほどに純愛でした。
 写真がその祖母、テルおばあちゃんです。祖母の元気なうちに世に出そうと思っていましたが、発売は来週。どうにか間に合いそうです。
 祖母が好きそうな装丁。どんな反応を示すか楽しみです。
 そしてサンプルとして本を読んだいただいた東京大学の助教、鎌田さんから感想が届いていますので、本人の承諾を得て紹介させていただきます。

---ここから

人物の描写や、登場人物の心情の記述が丁寧にされていることもあり、情景や、登場人物の表情までもが、文章から浮かんできて、ついつい作品の世界観に入り込んでしまいました。
(略)
戦争が、教科書で読むだけの単なる史実になってしまっている若い世代の方には、こういう「人の心」が感じられる戦争の話を、もっと読み、理解する機会が必要なのかも知れません。

 暗号になっていたラブレター、(略)それまで、比較的淡々と読んでいたのですが、手紙の部分で、わーっと涙が溢れてしまいました。
「こんな当たり前のラブレターなのに…」
と、涙を抑えようとしましたが、そんな当たり前の愛の言葉さえも伝えることを許さなかった戦争の残酷さと、そしてどんなことがあっても離れることの無かったお二人の愛を感じて、もっともっと涙があふれてきました。

------ここまで

参考にしてくださいませ。
なお、概要はこんな感じです。
https://www.facebook.com/photo.php...

読んで損はないと思っています。
ご興味あれば、ご予約していただけると嬉しく思います。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/97...

そしてよろしければシェアしてくださいませ。
どうか皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

皆様も戦争を体験している祖父母の話に、あらためて耳を傾けることをお勧めします。夫婦の絆だとか、戦争の悲惨さだとか、誰もが忘れていることを気づかせてくれます。そして誰でもその話に涙を流すはずです。

 
  • コメント(全2件)
  • み〜ちゃん 
    3/9 23:34

    純愛って、強くないとできないなぁ〜って、最近思うようになった(笑)

    戦争の話、いろんな利用者さんから聞いたけど、一人一人映画になりそうなくらい、いろんなものが詰まってるって思う(^^)

    読んでみたい(^^)♪



  • いじめは犯罪者不戦の誓いノーモア広島長崎 
    9/12 13:05

    笑顔が絶えない人や家庭には幸せが運ばれてきてくれるみたいです。戦争を起こそうとする政治家には投票しないでいただけたらと思います。愛や芸術や文化やロマンに触れると心の栄養になってくれるみたいです。いつまでも笑顔で幸せでいられること願っています
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)