おばあちゃんからもらった幸せ

  • 鬼塚忠 公式ブログ/おばあちゃんからもらった幸せ 画像1
 最近、94歳になる祖母の戦争中の話を、録画で観ているので、この最近、何を隠そうおばあちゃんフェチになりました。街を歩いていても、おばあちゃんを見つけると、「このおばあちゃんはどういう人生を送ったのだろうか。戦争中はどこで何をしていたのだろうか」と想ってしまうのです。
 今朝、電車の中でおばあちゃんが座れずにいるのを発見。おばあちゃんフェチの私はすぐに「おばあちゃんこっち」と手招きしながら言い、席を譲ったのです。
 するとそのおばあちゃんが、「...ありがとう」と言ってカバンの中からしおりを出してきました。「お礼にこれあげるわ。自分ん家の近くの公園でみつけた四つ葉のクローバー。それを自分でしおりにしました」と。
 それがこの写真。四つばのクローバーの、ラミネートされたしおり。葉が折れていたりしてもそこは愛嬌。
「今日はきっといいことがありますよ」と。
 いいことをするもんだ。
 すでに五時間が過ぎた。まだいいことが起こらない。
 今日の午前中一回目の商談は講談社の美女編集者とだった。これがいいことなのだろうか?いや違う。
 きっと、ほかに今日はいいことが起こるだろう。いや、たとえいいことが起こらなくても、今日はいいことが起こるだろう、と考えるだけでとてもわくわくした一日を送れる。
 名前も聞かなかったけど、おばあちゃん、ありがとうございました。あなたのおかげで今日は一日が楽しくなりそうです。
 わたしのおばあちゃんフェチは今後も続きそうです。続きを読む

 
  • コメント(全4件)
  • ご迷惑をお掛けしました。 
    6/29 18:55

    はじめまして

    私は、訪問介護をさせて頂いております

    皆さんの貴重な人生の物語を、
    傾聴させて頂く時には、緊張するときもありますが、本当に素敵だなぁと、思います。

    先生に、ラッキーな事が沢山ありますように。



  • み〜ちゃん 
    6/29 22:36

    あたしも介護やってるから、すごくよくわかる〜♪

    ハタチくらいにはなにしてたのかなぁ?とか、どんな恋愛してきたのかなぁ?って聞きたくなる(笑)

    認知症の方でも、戦争中の話してくれるよ(^^)
    いつも同じ話だけど、やっぱりテレビで聞くのとは違うよね(^^)

    みんなの人生、映画にして見たくなるもん(^^)♪
  • 鬼塚忠 
    7/4 09:34

    ぶたさん、コメントありがとうございます。実はその日結構面白そうな話あったんですよ。

  • 鬼塚忠 
    7/4 09:37

    みぃちゃん。戦争の話はとても鮮明に記憶に残っているんですね。戦争体験者の方の話は貴重だからできるだけ話は残しておきたいですね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)