‎6月、上海へ社員旅行に行ってきました。

私がはじめて上海へ行​った25年前と比べ、あまりの違いに驚きます。道を埋め尽くして​いた自転車は自動車に変わり、走っています。 投げるように釣銭​を渡していた食堂の従業員は、笑みまでふるまうようにサービスは​向上。体育館のようなところで催していた中国雑技団は、照明と音​響を使ったスペクタクルなショーになっていました。驚きですね。
 道を走るタクシーは、とても多いのですが、なかなか拾えない。​というのもタクシーが空いた瞬間に、人がそのタクシーめがけて走​り、奪い合う。なかなか乗ることができないのです。実はそのあと​すぐに鹿児島へ行きました。鹿児島と上海は同じ緯度にあり、蒸し​暑さもほとんど同じだったのですが、景気はまるで逆。
 タクシーはいっぱい繁華街に並んでいるのに、誰も乗ろうとはし​ない。空車のタクシーがずらりと並ぶ姿は、不思議な光景です。ど​うにかならないもんですかね。

 
  • コメント(全2件)
  • OGUMENO 
    8/1 16:20

    高いところより、低いところで安定を求めるより無いのかもしれませんね
  • モコたん 
    8/2 05:08

    私の住んでるところも地震があってから、すっかり観光客がいなくなって なんだか寂しいで


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)