アメリカから編集者を招いての会に行ってきました。

  • 鬼塚忠 公式ブログ/アメリカから編集者を招いての会に行ってきました。 画像1
昨日、日本財団が催した会に行ってきました。

この企画がすごい。
考えられないことを日本財団はしるんですね、素晴らしい。
英米からトップ編集者を招いてシンポジュームを開いたのです。
そのメンバーがすごいのです。
アメリカから
「ザ・ニューヨーカー」の文藝編集者
「ランダムハウス」の書籍編集者
「ペンギン」グループの書籍編集者
イギリスから
「コンスタブル&ロビンソン」文藝編集者
「フェーバー&フェーバー」文藝編集者
「グランタ」雑誌編集者
こういう英米で現時点活躍しているカリスマ編集者を招いて、
これまた日本でのカリスマ編集者、
新潮社の松家さんをコーディネーターとしてのトークセッション。
http://www.nippon-foundation.or.jp...

英米で新人作家はどう生まれ、どのようにして成長していくのか、
日本とはだいぶん違うことにショックを受けました。
日本ももっと効率良くしないと、新人作家は生まれてこない。
読者も売れる本だから買うわけではなく、
いい作家を選んで読むようにしてほしいですね。

 
  • コメント(全3件)
  • ☆みゆき☆ 
    10/26 11:43

    はじめましてo(^-^)o

    読者好きの
    たくしには若い作家サンに頑張って欲しいですね


    中学生の時に読んだ『恍惚の人』以来

    本って奥深いモノだと思っております(*^.^*)


  • 鬼塚忠 
    10/27 11:01

    みゆきさん、ありがとう。読書好きなんですね。これからもどんどん本を読んでください。
  • ☆みゆき☆ 
    10/27 11:49

    ありがとうございます(*^.^*)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)