ワールドカップよりすごいことが起こっている。

  • 鬼塚忠 公式ブログ/ワールドカップよりすごいことが起こっている。 画像1
 本日、日本対カメルーンの試合がある。

 今から自宅観戦がとても楽しみなのだけれど、今朝の新聞でそれよりもっとすごいことが報道されました。

 「小惑星探査機「はやぶさ」が60億キロメートル、7年間におよぶ宇宙の旅を終えて地球に帰還した」(日経新聞より)

 そう書かれていた。すべての単語にひっかかる。

「小惑星探査機」
そう聞いただけで、胸がわくわくする。

「はやぶさ」
ってことは日本が開発したのだよな。恥ずかしいけど知らなかった。昨今、自信を喪失した日本人にはうれしいことだ。

「60億キロメートル」
いったいどれだけの距離なんだよ。この想像もつかないスケール感が大好きだ。

「7年間におよぶ宇宙の旅」
このスケール感、たまらない。夢は広がるね。何があったのか考えるだけでも楽しい

このはやぶさの開発費は130億円。日本が国際宇宙ステーションに日本が毎年負担している400億円に比べると大幅に安い。事業仕訳なんかに負けては困ります。

夢ありますよね。

写真とキャプションは朝日新聞より転載。
南天の天の川の前を右下から上方へ横切った「はやぶさ」と回収カプセル=日本時間13日午後10時51分から星を自動追尾して3分間露光、豪州南部グレンダンボ近郊、東山写す

 
  • コメント(全1件)
  • ぐら 
    6/14 21:50

    こういう時は、自分が「日本人」や「人類」の中の一人であることを素直に誇らしく思えます

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)