コンクール上位入賞常連の開役、倉冨亮太君

  • 鬼塚忠 公式ブログ/コンクール上位入賞常連の開役、倉冨亮太君 画像1
 長男、開(バイオリン)役、倉冨亮太君です。
 オーディションのために送られてくる自己PRは、通常、賞暦などがびっちり書き込まれているのに、倉冨君の書類にはほとんど賞暦は書かれていませんでした。よって自己PRはほとんど無し。

 それでも、書類に添えられていたMDの、マスネ「タイスの瞑想曲」があまりにも素晴らしいので一次審査をパス。本当に息を飲み込むほど美しい音色でした。
 で、オーディション本番。会場に音色が響きました。それが予想した通り、滑らかで優しいのです。
 チェロの諸岡由美子さんによると、「今日からでもプロとして通用します」とのことでした。
 オーディションをパスしたあと、賞暦を聞くと、全国トップレベルの成績でした。こんな感じ。コンクール上位入賞の常連だったのです。

日本演奏家コンクール小学生の部一位
大阪国際音楽コンクール中学の部二位
全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部一位、全国の部三位。
横浜国際音楽コンクール高校の部一位。
現在、東京藝術大学1年生。

能ある鷹はつめ隠す、ということですね。

倉冨君と電車で一緒に帰りました。
バイオリンが好きで好きでたまらない、そんな感じでした。
努力じゃなくて、好きだから、練習も楽しく集中できる。
だからコンクールで上位にいつも入る、という印象を受けました。

そんな彼の演奏は24日に聴けます。
ぜひいらしてくださいませ。

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P...