ついに本が書店に並びました。

  • 鬼塚忠 公式ブログ/ついに本が書店に並びました。 画像1
 ついに「カルテット!」(河出書房新社)が発売されました!画像は、文教堂飯田橋店の様子です。
 バイオリン奏者になりたい長男で中学生の永江開。バイオリン教室の先生に淡い恋心を抱いている。リストラにあった父。その父との離婚を考えるパート勤めの母。そして問題を起こしてばかりのギャル高校生の姉と、家庭は崩壊しそう。そんな家族を再びひとつにまとめようと、開は家族で祖母の誕生会に演奏会をやろうと提案する。
 音大出身でピアノが弾ける父、音楽教師を目指してチェロを勉強していた母、フルートを習っていた姉、そしてバイオリンの開という「永江カルテット」が誕生する。
 クラシック演奏を通して家族が再生してそんなストーリーです。
 「Little DJ」から3年がたちました。今回も前回同様に心を込めて書きました。 ぜひ皆様の感想などいただければ嬉しいです。
 必ず読みます。

 
  • コメント(全2件)
  • JUN(。nωn) 
    1/31 07:49

    ふむ。
    本は好きです
    今度読んでみます

  • 鬼塚忠 
    2/1 16:22

    本好きなんですね。期待通り、感動していただければいいけど。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)