演劇入門


皆さんこんばんは




帰宅し夕御飯も終えてまったり中




今日の舞台ですが、原作は平田オリザさんの「演劇入門」とゆー、いわゆるHow to本




原作を読んだとき、これをどのように舞台にするのかとても不思議でした。




観に行って見ると、場面がわかりやすく展開し、今回の脚本家である岩井秀人さんの目線を通し、話は進んでゆきます。


岩井さんが演劇に出会い、現在に至るまでや、平田オリザさんの代表作である「東京ノート」のワンシーンを交えながら、演劇の面白さや深さ、また、リアルな台詞の作り方などが語られていきます。


俳優の方々も、それぞれ個性的な方が多く、笑いあり、シリアスな場面ありで、最後まで楽しく観ることができました




舞台やっぱり楽しかった〜





年明けにも舞台が待っている私




楽しみ〜




さて、明日からまた1週間が始まります




頑張ってまいりましょ





ではバスタイム〜